レインドロップで得た心の変化「自分の価値は揺るがない」

身体の変化はこちら


ネガティブな感情は脊柱に溜まる


というフレーズが気になって受けに行ったレインドロップ

過去に私はネガティブを極めていたのですが

今は嘘みたいに楽観的だし、そんなに悩むということがないのです


だけどネガティブマスターだった過去に自覚があるので

そういうものが違和感として身体で感じているのかなと思いました


ポジティブになったのは、まだここ5年ほどの話しで

それ以前は自己肯定感も低く、自分の価値を平気で外に預けていました

自分が大嫌いだった時間も本当に長くて


自分自身にも何事にも自信がなくて

周りが羨ましくて

私なんてダメだ、もう嫌だ、消えてなくなりたい

と、いつも思っていました


何か辛いことがあったとか

複雑な環境で育ったとか何もなく

勝手に人や常識と比較して

勝手に劣等感まみれになって

勝手に自爆していました笑


でも、その世界がすべてだったので当時は深刻でした


はじめて自分のことを好きになれたのも

私の事を大好きになってくれた人がいたからでした



欠けていた自分が、その人に愛されることで

やっと満たされて不足がなくなる、と思っていました

その人がいて、やっと自然に呼吸ができるって思っていました


完全に中二病です笑

でも、本気で思っていました

もう大学生でしたが…笑



大好きで大好きで、この人に出会うために生まれてきたんだ

この人が居れば他はなにもいらないと本気で思うくらい大好きでした



一目惚れだったと言ってくれて

私の笑顔が好きだと言ってくれて

一緒にいる時間が心地よくて

一生この人の隣で笑っていたいなと思っていました



3年くらい付き合って

遠距離になって

音信不通になって

彼の存在に依存していた私は精神的に不安定になって

遠距離のまま、何度か復縁したり音信不通になったりを繰り返していました


最初から最後まで私は

その人自身を好きでいれたのか

私を好きでいてくれる彼が好きだったのか


考えると悲しくなるのですが

彼がいることで私でいられると思っていたから

もしかしたら後者だったのかな、とも思うのですが

当時の私のすべてでした


それくらい自分の価値を、彼で埋めてしまってました

だから音信不通なって彼がいなくなって本当にポッカリと穴が開いて

仕事の環境も変わって慣れない生活だったことも重なり

精神的にとても不安定になっていました


睡眠薬を飲んでも一睡もできなくて、そのまま仕事に行ったり

満たされないものを満たそうとしてか、過食を繰り返したり

それを続けていると、過食しては吐くことを繰り返すようになり

やがて自分の唾液も飲み込めないくらい、食事も何も受け入れられなくなりました


何も考えずに書き出したのですが

びっくりするくらい暗い話しに向かっていって戸惑っています笑


でも、私がレインドロップを受けてみようと思った原体験だと思うので

一度区切ってその2に続けていきますね

Salon de Zii ||大阪心斎橋・堀江 筋膜リリース・レインドロップ||

西大橋駅3番出口から徒歩2分 堀江にある完全予約制サロン Salon de Zii 筋膜リリース・リンパドレナージュ・レインドロップ・キャビテーション・小顔トリートメント・ブライダルエステ

0コメント

  • 1000 / 1000